スポンサードリンク

2007年07月27日

早めの試験対策

わたしは今年は受けておりませんが、一級建築士・学科試験が終わって約一週間。
色々な情報が出てきましたね。

まず今年の学科試験。
これは去年以上に難しかったらしいじゃないですか。
難易度は去年並みですが、それを想定して受験に望んだ受験生が多かったことから去年よりは合格者数が多そうってところらしいですね。

去年の学科合格率は10%でしたからね。
今年は12%くらい?なんて学校に一緒に通っている人たちと話をしていました。

しかし一級建築士の試験も受験生にとっては本当につらい時代に突入したようですね。
私も受験生なので決して他人事ではないのですが、一昨年くらいまでの合格者数を考えると、あからさまに狭き門となっているのがわかります。

それだけこの一級建築士という資格に、国側が責任を求めていると考えていいんでしょうね。
責任が増えるのは、もともと仕事ですからしっかりやらなくてはなりませんので構いません。
同時に減少傾向になっていくことで、希少価値も上がるのではと考えたりもしますので、それはそれでいいかな〜なんて思ったりもしたり(それは取ってからの話ですけど)

何にしても、近い将来、数年のうちには試験制度自体が大きく変わってしまうことでしょうから、今のうちにしっかり勉強して、バッチリとってしまいましょう。

将来的に、意匠・構造・設備なんかで建築士が別れるかもしれないなんて話も去年からありましたからね。
現在の資格の扱いがどうなってしまうのかわかりませんが、早いうちにとってしまうに限る。

そのために今年の設計製図試験に向けて、しっかりと早めから対策を練っておかねば!

スポンサードリンク

【関連する記事】
posted by andy at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 設計製図 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/49389363
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。